Q&A

コーティング施工において、よくご質問がある内容となります。

ガラスコーティングはどれくらい持ちますか?

お客様の駐車環境や洗車等の状況により変わりますが、目安は下記の年数です。
ライト              :(最長) 〜1年
エントリー         :(最長)  〜2年
ミドルレンジ  :(最長) 〜3年
ハイエンド         :(最長)  〜5年
ディーラーや他社のコーティングで「3年」「5年」などと表現しているものの多くは、理論値および促進テスト結果による数値で表しています。しかしながら、お車の使用状況(保管環境、走行環境、走行距離、洗車頻度、洗車方法など)によりすべてのお客様が理論値通りのコーティング効果が得られるわけではありません。当店セブンスヘブンでは理論値ではなく、一般的な使用方法でのコーティング効果の目安の期間をご案内しています。

ガラスコーティングの施工は何日かかりますか?

車種やコンディションにもよりますが施工の目安です。
ライト(新車コース)1日
ライト  1.5日
エントリー(新車コース) 2日
エントリー   3日
ミドルレンジ(新車コース) 3日
ミドルレンジ  4日
ハイエンド(新車コース)  5日
ハイエンド     6日〜

施工後のメンテナンスは?

当店セブンスヘブンでは、ガラスコーティングを施工していただいたお客様に、オリジナルのメンテナンスキットをお渡しいたしております。
このメンテナンスキットには専用クリーナー・メンテナンスリキッド・マイクロファイバークロスが入っています。
これらの専用メンテナンスキットをご使用いただき、施工後にご説明する洗車方法にしたがって定期的に洗車をしていただくことによりガラスコーティング被膜は常に理想的な状態に保たれ、良好なコンディションを維持していただくことができます。
もちろん面倒なワックスがけなどは不要です。
簡単なお手入れで、美しさを長期間お楽しみいただけます。
メンテナンスキットのご使用法や、洗車方法など、ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡又はご来店ください。

洗車は水洗いでいいですか?

ほこりが付いているだけであれば、水洗いでかまいません。
水を流すだけでなく、マイクロファイバークロスでしっかりと水分を拭き上げてください。雨上がりなどで汚れがある場合には、シャンプー洗車をおすすめします。
油分は水洗いだけでは落ちません。
泥汚れの中には多かれ少なかれ油分が含まれています。

市販のカーシャンプーを使ってもいいですか?

市販のカーシャンプーには、濃度を濃く見せるための「増粘剤」や、泡立ちを良くするための「発泡剤」が含まれており、これらの成分がシミを作る原因になります。
万一、市販のカーシャンプーをお使いになる場合は、シャンプー洗浄したままで乾かさないように十分に注意してください。そして、シャンプー後は十分な水を使いしっかりと洗い流してください。
施工後に当店でお渡しする専用クリーナーには、余分な成分は含まれておらず、洗浄能力に最適化されています。
クリーナーやメンテナンスリキッドがなくなった場合は、当店で販売していますので、お気軽にご連絡又はご来店ください。

洗車の仕方は?

コーティング施工後にご説明する洗車セオリーに従って洗車をお願いしております。
当店セブンスヘブンでお渡しする専用クリーナーでの定期的な洗車をおすすめしております。
洗車に使用する水として、井戸水や地下水などは特に含有成分が多く含まれるため、おすすめしません。水分中の水以外の不純物質がシミを作る原因になります。
水道水の場合も、水道水中のカルキ分などがシミを作る原因になるため、水が塗装面にのっている時間をできるだけ短くする工夫が必要です。
当店でコーティングされた塗装面であれば、雨水による雨シミがとれなくなることはほとんどありません。
ただし、特に雨上がりの洗車時には、傷の原因になる泥汚れを水でしっかりと流して落としてから、きめの細かいスポンジやマイクロファイバークロスを使用してしっかり洗ってください。
この洗いがあまいと汚れが除去されないまま洗車を終えてしまうことになり、その微細な汚れが蓄積し、いずれ雨しみとして出現します。
また、洗車中の水道水は塗装面上に乗った瞬間から、水分中のカルキ分が沈殿しコーティング表面と接触しはじめます。この接触時間が長ければ長いほどとれにくくなりますので、なるべく水がのっている時間を短くする心がけが必要となります。
水分を拭きとる際には、塗装面にカルキ分が付着していることをイメージし、カルキ分までしっかりと拭きあげる意識をすると非常に効果的です。
高さがある車の場合、ガラス面から上の部分(ルーフなど)の洗車を拭き上げまで先に完了させ、その後下の部分を洗車すると良いでしょう。
晴れた日の(炎天下での)洗車は絶対に避けて頂きます。

洗車機に入れても大丈夫ですか?

本来はコーティング施工後にお渡しするメンテナンスキットを使用しての手洗い洗車が理想です。
洗車機のご利用は可能ですが、洗車機のブラシによるブラシ傷が入ります。
白やシルバーなどの場合は気になることはないようですが、濃色車の場合は目立つことがあります。
しかし、洗車機による洗車によってコーティング被膜の剥離などはありません。
逆に、汚れが付着したままにしておいたり、いい加減な洗車をするのであれば、洗車機をご使用いただいた方が良いことも考えられます。

イオンデポジットなどの水シミや雨シミは付きませんか?

当店セブンスヘブンが施工するコーティング皮膜においては、イオンデポジットなどの雨シミや水シミについて徹底した検証を行い、一般的な量販タイプのガラスコーティングと比較してシミの付着を大幅に軽減させることに成功しています。
ガラスコーティング被膜は硬化していく際、空気中の酸素と水分を取り込みながら硬化していき、完全硬化の前に水分が長い時間塗装面にあるとその部分の水分を多く取り込んでしまい、その部分だけ硬化速度が変わりシミを作ってしまうというのが主な原因となります。
このようなガラスコーティングの宿命ともいえる性質につきまして、徹底的に研究し施工環境にもこだわっています。

修理をした場合部分的な施工はできますか?

パネルごとの施工は可能となります。
保険での修理場合、板金塗装と同様にコーティングも保険で担保されます。

高級車でもないし…カーマニアでもありませんが…

このようなご質問は良く聞かれますが、コーティングは特定の車や知識がある方のみが行われる訳ではありません。お客様の愛車を長期綺麗に保つ為となります。
いかにすぐれたガラスコーティングであっても、洗車をせずに美しさを保つことはできませんが、ガラスコーティングをしておけば、洗車を簡単スピーディーに済ませることはできます。
質の良いガラスコーティングは、塗装の上に硬いガラス被膜を形成しますので、汚れもガラス被膜の上に付くだけで塗装面に固着しにくいので落としやすく、洗車も短時間で簡単に済ませることができるようになります。
実際に当店で施工していただいたお客様からは、洗車やお手入れが簡単になったとのお声をたくさんいただいております。
はじめての方でもより多くの皆様にガラスコーティングの素晴らしさを実感していただけたらと思っております。

コイン洗車場での洗車は?

コイン洗車場の高圧スプレーを使って洗車してもいいですか…?とご質問を頂きます。

高圧スプレーの使用はまったく問題ありません。
お車を洗車するのに、コイン洗車場を利用される方も多いと思います。
自宅がマンション・アパートなど…洗車スペースの確保がむずかしい環境のお客様もございます。
高圧スプレーを使えば、泥汚れが手早く落とせ、それほど水に濡れることもありません。
しかし、コイン洗車場で洗車をする時、この高圧スプレーで水をかけただけで洗車を終わらせている方がいらっしゃいます。
高圧スプレーを使ってボディに水を噴射すれば、水圧の強さに惑わされ汚れが落ちたように錯覚しがちですが、落とせたのはボディを覆っていた表面的な汚れだけで、実際に塗装面に悪い影響を与える汚染物質は、ほとんど落ちずに塗装面にくっついたままの状態です。
洗車が不完全で塗装面に汚染物質が残っていれば当然、塗装面は傷み劣化が進んで、やがてツヤや輝きも失われてしまいます。
この汚染物質を塗装面からさっぱりと取り除くことこそが、車の美観を保つために最も大切なことで、洗車をする本来の目的となります。コイン洗車場で洗車をするにあたっては、高圧スプレーを過信せず、予備洗浄のイメージで大まかな汚れを流す目的で使用し、そのあとにシャンプーをつけた柔らかいマイクロファイバークロスやスポンジでしっかり手洗いを行い、塗装面に悪い影響を与える物質を洗い落とすことが必要です。

新車ですが、下地処理は必要ですか?

新車でも下地処理必要か?という事でございますが、よりクオリティの高いコーティングをお望みであれば、下地処理を行うコーティングをおすすめ致します。
下地処理なしでコーティングができない訳ではありませんが、新車でも塗装は100%の状態ではありません。
新車には特有の塗装のボケがありますので、より美しい状態を引き出すには、その曇りをすっきりとさせる必要があります。また、新車はラインでの修正を受けている場合もありますし、輸入車の場合は特に保管状況や輸送など、環境的に車の塗装面にとっては厳しい面がありますので、その点からもきちんとした下地処理を行うのが理想的となります。もちろん、下地処理の作業は、塗装にやさしい新車のホーロー層を意識した繊細な下地処理となります。

中古車又は経年車のダメージを再生出来ますか?

塗装の状態にもよりますが、よほど大きなダメージを負ってしまっていなければ、かなり良い状態まで復活させることは可能となります。
コーティング前の下地処理塗装によって、塗装についてしまった傷や汚れなどをでき得る限り取り除き、表面を整えて塗装本来の状態に戻しガラスの保護被膜を形成するのがガラスコーティングとなります。
ワックスやポリマーなどと比較して耐久性にすぐれ、美観を長期的に維持できるというメリットがあります。
コーティングをしたら何もしなくてもボディをきれいに保てるということはありません。コーティング施工後は、正しい洗車を継続されれば美しさを長期維持できます。

powered by crayon(クレヨン)