【営業時間(9:00〜19:00)外にも対応可能】

お客様のご都合に合わせて、受け入れ受け渡しを行なっております。

プロショップと簡易プロショップの違い

いわゆる専門店と簡易施工店との違いはなんなのでしょうか?
はっきりした明確な線引きはありませんが
簡単に言いますときちんとした設備を持ち、正しい方法で施工し、十分な知識と技術を持った者が施工しているところが専門店となります。
逆に出張専門や完全な施工スペースを持たなかったり、施工方法も簡易的であったり、数日の講習を受けただけで知識と技術と経験が不足しているところが簡易施工店という枠に入ります。

ハイクオリティな技術

お車の使用状況や保管場所などを考慮し、お客様のお車に最適なボディコーティングをご提案させていただいております。厳選されたガラスコーティングにボディの状態に合わせた3コースの下地処理・ボディ研磨コースにより、お客様のご希望に合わせた仕上がりをご提供いたしております。新車の状態においても、傷やシミなどの研磨除去処処理し鏡面仕上げなど長年の経験とで一台一台丁寧に仕上げます。洗車(日頃のメンテナンス)を楽にしたい…お車の綺麗な状態を長期維持したい…長年使用した愛車を新車以上に再生(復元)させたいなど…お客様のご要望にも対応いたします。

作業環境・コーティング専用照明完備


お預かりした大切お車は、空調の整ったアメリカンテイストなガレージ空間。クリーンな室内で作業しますので、ホコリなどを気にすることはありません。気温や湿度も一年を通してコーティング施工にはベストなコンディションとなります。塗装面の磨き調整に欠かせない照明機材は、太陽光を完全に遮断した暗室となり、多数の蛍光灯や最新の高輝度LEDなど様々な光源を組み合わせで、屋外では見落としてしまう微細な傷も見逃さない磨き専用の作業環境を整えています。

コーティングに欠かせない下地処理

お車によって(メーカー・年式)塗装の固さや塗装の厚みは異なります。使用環境によって傷やダメージはお車一台ごとに異なってきます。塗装の状態をプロが見極め、必要以上に塗装面を削り取らないよう、最新の機械工具と塗装の状態に合わせた研磨剤で状況に最適な研磨処理をいたします。

ボディ研磨のレベルにおいて

当店は塗装の状態を考慮し、車の状態に合わせて各コースの下地処理・ボディ研磨でお客様のご希望に沿った仕上がりになるよう心掛けております。コーティングをする前段階で行う研磨作業は、コーティングをより強力に定着させるための下地作りとなります。傷等を除去、塗装面をより平滑にする目的で行います。
お車の塗装は全て同じコンディションではありません。研磨作業はお車を本来の輝きに復元するためには必ず行わなければならない工程ですが、ただガリガリ磨けばよいという事でははありません。塗装は本来、お車を雨や汚れから守りボディを腐食させないための物となっております。塗膜を磨き過ぎると最終的には塗装が無くなったり、色味が変化してしまいます。

自己修復する特性を持つ「自己修復性塗装」

トヨタではセルフリストアリングコート、日産ではスクラッチシールドと呼ばれる塗装に最適なコーティングも採用しております。

膜厚計にて計測

自動車の塗装の膜厚は、メーカーや車種等によりそれぞれ違いますが、おおよそ普通乗用車の新車時の塗装膜厚は約100~150μmになります。

どのくらいの厚みかというと、膜厚の単位である1μm「マイクロメートル」は、1mm「ミリメートル」の1/1000ですから、100μmの厚みは僅か0.1mmしかありません。
自動車の塗装の膜厚は非常に薄く限りがありますので、やみくもに研磨をしてしまう事はできません。

【新車コーティング】

(新車)
登録から1ヶ月以内
施工内容
ライト ・ボディガラスコーティング
※お預かり1日
エントリー ・ボディガラスコーティング
※お預かり2日〜
ミドルレンジ ・ボディガラスコーティング
・アルミホイールガラスコーティング
※お預かり3日〜
ハイエンド ・ボディガラスコーティング
・ウィンドウガラス撥水コーティング
・アルミホイールガラスコーティング
※お預かり4日〜

ガラスコーティングの機能性は選択可能

・ 新車、経年車の各3コース全てにおいて「撥水性」「親水性」がお選び頂けます。
・ 各機能性メンテナンスキットも付属します。

〝trial style〟

新車ライトコース 

ガラスコーティングをリーズナブルなお値段で提供出来るコースとなります。ライトな下処理を施し、ディーラーや簡易専門店よりランクアップさせたいお客様やリーズナブルにガラスコーティングを施工したいお客様へオススメです。

〝 basic style〝

新車エントリーコース

当店のスタンダード(基本)メニューとなります。コーティングが定着するように塗装面を磨き調整し、新車時のワックス等などの異物を除去を行います。塗装面の研磨量は最小限に抑えますが、手触りや輝きは新車でもさらにワンランクアップすることが可能。
もともと綺麗な新車でも完成後の違いを実感して頂ける、プロショップならではの新車コーティングメニューとなります。

〝 premium style 〟

新車ミドルレンジコース

アルミホイールガラスコーティング施工が追加となり、強力な撥水機能性と圧倒的な輝きを生み出す当店人気NO.1メニューとなります。エントリーコースより綿密なガラス皮膜が高い防汚性能を発揮し、高いメンテナンス性を生み出します。エントリーメニューでは少し物足りない方に是非試していただきたいコースとなります。

新車ハイエンドコース

ガラスコートの防汚性能を極限まで追求した当店の最上級メニュー。アルミホイールガラスコーティング施工、ウィンドウガラス撥水コーティング全面が追加。お車全体をケアするメニューとなります。多重層ガラス皮膜と防汚層により長期間の撥水性・防汚性・耐油性を維持できます。

経年車レストア二ングコーティング

下の画像をタップしますとビフォーアフター動画へと移動できます。

【スタンダードコーティング】

経年車

経年車 施工内容
ライト ・ボディガラスコーティング
※お預かり1.5日
エントリー ・ボディガラスコーティング
※お預かり3日〜
ミドルレンジ ・ボディガラスコーティング
・アルミホイールガラスコーティング
※お預かり4日〜
ハイエンド ・ボディガラスコーティング
・ウィンドウガラス撥水コーティング
・アルミホイールガラスコーティング
※お預かり6日〜

〝trial style〟

ライトコース

リーズナブルにガラスコーティング施工が行えるコース。光沢を向上させる目的としたプロによるライトな下処理を施します。また、防汚効果・耐久力が増し、コーティング後のお手入れもグンとラクになります。

〝 basic style 〟

エントリーコース

当店のスタンダードメニューとなります。耐久性や皮膜の固さと光沢を向上させたエントリーモデルとなります。下処理により塗装面を再生、ガラスコーティング特有の光沢はもちろんのこと、ポリマーやガラス系皮膜とは比べ物にならない程の耐久性。

〝 premium style 〟

ミドルレンジコース

定期的な洗車をおこなっているお車であればほぼ新車に近い状態まで復元可能。アルミホイールガラスコーティングが追加施工となり、ボディにおいては長年の洗車傷や蓄積した汚れ等、外的要因による塗装面のダメージなどで美観が損なわれてきた状態をキッチリ研磨し、復活させるメニューとなります。洗車によるギラギラ傷や雨染み、付着した異物によるザラツキやドアの内側に蓄積した砂汚れなど普通に使用していても対処できなくなったあらゆる傷・汚れ等を念入りに時間をかけた塗装面の研磨処理と細部の洗浄により飛躍的にお車を輝かせます。深いキズや鳥の糞などの腐食によって凹凸が生じた部分もなども目立たなくなります。

ハイエンドコース

当店のハイクオリティメニュー。最高の仕上がりをお求めの方にお勧めとなります。大切に長年お乗りになった愛車を再塗装せずにできる最上級の復元をお求めの際や、クラッシックカーなど希少なお車を塗装の状態に合わせた細心の注意での作業を行いますので、こだわりが強い方にオススメです。経年車のお車を可能な限り新車のような状態に復元させます。アルミホイールガラスコーティング施工が追加、ウィンドウガラス撥水コーティング全面がセット。ガラス面に起こるウロコシミまでしっかりとケアをするレストアに近いコーティングメニューとなります。職人による技の全てを注ぎ塗装面を最高の状態に仕上げ、エンブレム周りやドアの内側など細かな部分まで徹底的な研磨処理を行います。

powered by crayon(クレヨン)