〝 定期メンテナンス 〟

コーティング業界においてコーティング施工を行った場合、1年毎の定期的メンテナンスを行う事が必要です。メンテナンスにより、施工当初の光沢・機能性(水弾き)が向上し耐久性も長くなります。

耐久性が比較的高いコーティングを施工して1年も経たずに、コーティングが効いていないと実感されたお客様も少なくないと思います。それはなぜでしょうか?
年月を経て、お客様の日頃のメンテナンスでは除去しきれない「コーティング被膜」に汚れが詰まっている状態なのです。
ガラスコーティングを扱っている業者、又はインターネットなどにおいて「ノーメンテナンス」を謳っている業者が多数あります。基本的にノーメンテナンスでボディの綺麗状態を保つことはできません。
ノーメンテナンスで強固ガラスコーティング被膜を維持することは可能ですが機能性(水弾き)が低下します。だからと言って、お客様のお車を定期的洗車いらずで汚れない、ということはありません。

定期メンテナンスの必要性と重要性


コーティング施工をプロに任せたとしても、お客様による日頃のメンテナンスを怠っていては耐久性が下がってしまいます。丈夫なガラスコーティングでさえ、汚れや染みが付着して取れなくなるケースもあります。例えば、10年・20年の耐久性があるコーティングがあったとしても、使用環境や管理方法によっては数年も満たずに寿命が来てしまう可能性もあります。少しでも効果を維持し続けたいなら、メンテナンスは必要不可欠となります。

一度施工したからといって、メンテナンスフリーではどんな高性能のコーティング皮膜も本来の効果、効能を長期間持続することは地球環境では難しいものです。コーティングを施工した塗装面も、紫外線・酸性雨・大気中の汚染物質により徐々に劣化していきます。劣化速度はお車(お客様)の使用状況や環境によっても変わりますが大切なお車を美しく、綺麗に維持するのもメンテナンスが重要になってきます。

保険修理にはメンテナンスが必須


コーティング施工車を事故などで保険修理する際に、メンテナンスを受けていなければ保障されなくなってきています。コーティングは消耗品として扱われるためで、施工証明があり定期的にメンテナンスを受けていることが必要となります。

コーティングメンテナンスへのこだわり


当店では「お客様に長期間綺麗に乗って欲しい」をコンセプトにしメンテナンスに力を入れてきました。メンテナンスに力を入れていない専門店が数多く存在します。当店ではプロショップならではの知識、技術でご提供できます。お車にべストなメンテナンスを施工致します。

powered by crayon(クレヨン)